1/6

緒琵 角帯で作ったパスケース

¥2,200 tax included

Shipping fee is not included. More information.

帯の産地、群馬県桐生市で作られた、帯生地を使ったパスケース。
 布地(帯布地)の生産は、よこ糸を挿入するのに飛び杼(シャットル)を使わない、独自の細幅織物織機を持つ、明治創業の荒川織物さんで生産しています。
 糸を使った縫製は、本体パーツの中に両側二か所で、裁断は帯の両端のみされています。
「折る」ことで成形し、ミシンは、最小限に使っている独特の製造方法を採用しています。
いろいろなカードが4~5枚入ります。
【詳細】
産地:群馬県 (製造:丸中 https://www.monova-web.jp/marunak/ )
素材:ポリエステル100%
サイズ:H:75mm×W100:mm×D:8mm.

Add to Like via app

男物の浴衣用角帯を使っています。

生地に桐生織を使用しています。桐生織物の起源は奈良時代まで遡ります。
江戸時代には、すでに高級織物の産地として桐生の名が全国に広まるようになり、技術革新が進んだ明治から昭和初期にかけて日本の基幹産業として栄えてきました。

  • Reviews

    (1)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥2,200 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品